投資

くら寿司アメリカの株が購入できる証券会社は?上場から株価上昇中!

本社を大阪に置く回転寿司チェーンの「くら寿司」のアメリカ子会社「Kura Sushi USA」がナスダックに上場しました。

日本の外食チェーンが現地法人の株を上場したのは初めてのことです。

2019年8月1日にナスダック市場に上場してから上昇中です。

「Kura Sushi USA」はアメリカ株なので、取り扱っている証券会社は限られてきます。

そこで、「Kura Sushi USA」はどこの証券会社で購入するのがいいのか、手数料を比較しました。

手数料が業界最安値のサクソバンク証券
サクソバンク証券

くら寿司アメリカの株が購入できる証券会社は?株価はどうなってる?

2019年8月1日に米ナスダックに上場したくら寿司USA。

公募価格は14ドル、その後上昇を続けて8月2日には24.40ドルでひけました。

ちなみに直近IPO銘柄で大幅上昇となったビヨンドミートは、

  • 5月2日IPO価格 25ドル
  • 5月2日上場初日 65.75ドル
  • 6月7日決算発表 138.65ドル
  • 7月26日最高値 234.90ドル
  • 8月1日売出発表 177.11ドル

このように推移しています。上場から7月までの上昇は強かったですね。

8月1日に160ドルで売り出し発表したので、そりゃないよといった感じで株価が急落しました。もう少しでテンバガー達成でしたよね。

しかし代替肉市場は今後も拡大が期待できます。

くら寿司USAもビヨンドミートほどの爆発力はないですが、期待できるのではないでしょうか。

くら寿司の決算期は8月です。

手数料が業界最安値のサクソバンク証券
サクソバンク証券

 

くら寿司アメリカの株が購入できる証券会社は?日本の飲食店の上場は失敗する?

日本の飲食店がアメリカ市場で上場というと、いきなり!ステーキを展開するペッパーフードサービスの失敗が思い出されます。

2018年9月に日本外食チェーンとして初めてナスダックに米国預託証券(ADR)を上場した、ペッパーフードサービスは2019年6月に上場廃止を申請しています。

ペッパーフードサービスは2017年2月にステーキの本場アメリカニューヨークに1号店を出店し、その後11店舗まで拡大しました。

しかし、「立ち食い」がアメリカ人に合わなかったことや、店側が勧める「レア」が受け入れられなかったことから客足が遠のき、2019年2月には7店舗を閉鎖しました。

くら寿司USAもペッパーフードサービスと同じ飲食店。この失敗から、今回も「ペッパーフードサービスの二の舞では。。。?」と不安視もありそうですが、そうでもなさそうです。

くら寿司アメリカの株が購入できる証券会社は?くら寿司のアメリカでの評判は?

くら寿司は2009年にアメリカへ進出。西海岸を中心に22店舗展開しています。

今回の上場で50億円を超える資金調達を実施し、店舗を全米に拡大する方針です。

アメリカでくら寿司の人気に火が付いたのは2015年。

くら寿司はアメリカでは日本と比べ1皿3倍します。それでも人気なのは2015年に導入した、日本ではごく当たり前のタッチパネルでの注文方法や、エキスプレスで寿司が到着するエンターテインメント性。

動画を撮影する人も多いとか。

また、食べ終わったお皿も穴に入れるのも日本と同じで、15皿入れると抽選で寿司のおもちゃのブロックがもらえるのも現地で受けているそうです!

このようなエンターテインメントが好評で売り上げも5割近く伸びました。

アメリカ進出当初は、地域で人種客層が様々なのでそれに合わせていかに対応するかに注力していたそう。

例えば、

  • アジア人が多い地域だと脂がのったサーモンやイクラといった伝統的な寿司が好まれるのでにぎりメニューを20%増しにした。
  • 白人が多い地域だとアメリカ的な寿司が好まれるため、ゴールデンクランチ(エビとアボカドのロール寿司)やワタリガニのフライ寿司を提供した。

お皿のICチップでどのような寿司が好まれるかを調査したそうです。

田中邦彦社長の会見です。

すしは、江戸時代に生まれた日本発のファストフードだ。すしをはじめ、和食はもっと世界で評価されていいが、1食100ドル(日本円で1万700円)、1食100ユーロ(日本円で1万1900円)の料金では、世界に広がらない。安くて品質の高い回転すしは、世界に和食を広げる最高のシステムと考えている

くら寿司アメリカの株が購入できる証券会社は?おすすめはここ!

 

くら寿司USA(Kura Sushi USA)の銘柄コードはKRUSです。

口座開設後、外国株式の銘柄検索に現地コードを入れてみてくださいね。

くら寿司USA(Kura Sushi USA)が買えるのはサクソバンク証券マネックス証券のみです。SBI証券、楽天証券は取扱がありません。

サクソバンク証券とマネックス証券の比較です。

サクソバンク証券 マネックス証券
アメリカ株銘柄数 6,000銘柄以上 3,000銘柄以上
取扱手数料 0.2%(最低5ドル、上限15米ドル) 0.45%(最低0ドル、上限20ドル)
為替手数料 0.2% 1米ドルあたり0.25円 (1ドル108円の場合、0.23%)
空売り CFD口座で空売り可能! できない
時間外取引 できない できる
公式ホームぺージ サクソバンク証券 マネックス証券

アメリカ株を売買するなら、銘柄数や手数料が最安値のサクソバンク証券がおススメです!

手数料が業界最安値のサクソバンク証券券
サクソバンク証券

 

くら寿司アメリカの株が購入できる証券会社は?上場から株価上昇中まとめ

いかがでしたでしょうか?

・くら寿司アメリカ株が購入できるのは、サクソバンク証券、マネックス証券

・取扱銘柄数が最も多く、手数料が最安値なのはサクソバンク証券

日本企業が海外で認められているのは嬉しいですね!またアメリカ株のIPOがあればご紹介したいと思います。

手数料が業界最安値のサクソバンク証券
サクソバンク証券