投資

新紙幣発行で株価が上がった会社は?新紙幣関連銘柄上昇高ランキング

新紙幣の刷新の情報により、紙幣関連銘柄に買いが殺到し、株価が上昇しました。
投資家は行動が本当に早いですね。
しかし紙幣関連銘柄ってどんな会社なのでしょうか?
元号「令和」発表の際には、レイがつく会社の株価が上がったりしましたが、
今回も「渋沢」「津田」「北里」がつく会社の株価なのか?それとも事業内容なのか?
調べてみました。

新紙幣関連銘柄上昇高ランキング

ランキング1位 高見沢サイバネティックス
株価上昇率堂々のトップは高見沢サイバネティックスです!なんと300円高です。
券売機大手で、2018年10月にはキャッシュレス決済化の動きで連日ストップ高となりました。
キャッシュレスでもお札でも注目されて株価が上がるのは面白いですね。
前日比 +300円(+27.85%)
銘柄コード 1377 東証JASDAQ
事業内容 日本の駅務機器メーカーの一つ。券売機、自動販売機、印刷機、ATM向け貨幣処理装置などを製造

会社ホームページ

ランキング2位 グローリー
硬貨・紙幣処理機で国内シェア5割強を握る年初来高値を更新し、一時ストップ高になりました。
前日比 +211円(+7.87%)
銘柄コード 6457 東証1部
事業内容 硬貨・紙幣処理機の他、遊技市場向けカード装置やたばこ自販機なども製造

会社ホームページ

ランキング3位 ムサシ
貨幣処理機器で業界2位の会社です。
前日比 +113円(+5%)
銘柄コード 7521 東証JASDAQ
事業内容 情報、印刷機材の富士フイルム特約店。自社開発の選挙機材は断トツ。貨幣処理機器も業界2位

会社ホームページ

澁澤倉庫の株価は?

4位も紙幣識別機を製造する日本金銭機械(+97円)やマミヤ・オーピー(+97円)と続きます。やはり貨幣処理システム関連が続きますね。

新紙幣の人物と同じ名前がつく会社の株価はどうだったかというと、澁澤倉庫(+48円)、津田駒工業(+5円)とやはり上昇していました。

残念ながら、北里という企業は上場している企業の中にはありませんでした。

澁澤倉庫は東京の物流企業で、1897年に渋沢栄一が創業しています。実際に渋沢栄一と関連があるんですね。
自社ウェブサイトで渋沢栄一との関連が紹介されています。

まとめ

新紙幣刷新が発表された今日、新紙幣関連銘柄の上昇額をランキング形式でまとめてみました。紙幣は偽造防止の見地から20年に一度刷新されています。次回、20年後の発表時には関連銘柄の株を買って、儲けたいですね!