エンタメ

木村恒希(木村拓也の息子)は現在も野球を続けている!父の背中を追い続けた10年

今回は、今は亡き元巨人のコーチであった木村拓也さんの息子である木村恒希さんについて紹介していこうと思います。

木村拓也さんが亡くなって今年で10年がたとうとしていますが、木村拓也さんをご存じの方はどのくらいいるのでしょうか。

メディアにたまに出演している息子である恒希さんについて今回は調査していこうと思います。

木村恒希(木村拓也の息子)は現在も野球を続けている!恒希さんのプロフィール


家族構成としては、亡き父と母と三兄弟の長男となります。

2年前にスポーツ報知で取材した際に18歳だったので、今年で20歳を迎えることになります。

父である、木村拓也さんが亡くなったときに長女は8歳次男が3歳長男である恒希さんが10歳でした。

恒希自身は、小さい時から野球をやっていますが、長女はバスケットボールをやっていて、次男はバスケをやっているとのことです。

恒希さんの高校は、広島県にある廿日市高等学校に入学し大学は、広島工業大学に進学しました。

建築関係の就職を考えているみたいで、プロから声がかかればやりたいと話していました。

資格もとりつつ、社会人野球もやりたいと話していましたが、それは父である木村拓也さんが『結果がでるまでやりきる』といった言葉からそういった考えもあるようです。

木村恒希(木村拓也の息子)は現在も野球を続けている!父である木村拓也さんについて

父である木村拓也さんの生年月日は、1972年4月15日です。

1990年にプロ入りをして、1991年に北海道日本ハムファイターズに入団したのちに、1995年には広島カープへの移籍。

そして、2006年に読売ジャイアンツに入団し、プロ野球として2009年まで務めそのまま巨人でコーチを務めました。

しかし、その年の4月2日試合前のノック練習の最中に突然倒れ、救急搬送され意識不明の重体。

その5日後の7日に帰らぬ人となってしまいました。

死因は、くも膜下出血で37歳といった若い年齢でありながらの突然の死でした。

木村恒希(木村拓也の息子)は現在も野球を続けている!恒希さんの野球での成績は?


恒希さんは、小学校2年生からソフトボールをはじめ、父の本職でもあった捕手をやっていたとのことです。

中学では野球部に入部したのちに、再び捕手をやろうとしたものの、怪我をしたためしばらくリハビリ生活となってしまいました。

最後の試合にはでることができたため、5番1塁での出場となりました。

成績としては、1度も甲子園への出場は果たせませんでした。

高校1年生である、2015年には4回戦敗退。

高校2年生である、2016年の広島高校野球春季大会、ともに2回戦敗退。

最後である高校3年生の2017年の試合では、延長のもと惜しくもサヨナラ負けで2回戦敗退となりました。

最後の試合が終わったあと、ネットニュースや新聞にとりあげられていました。

皆さんが注目していた試合でした。

木村恒希(木村拓也の息子)は現在も野球を続けている!始球式を投げた?


2010年の4月7日に父である木村拓也さんが亡くなりましたが、そのあとの4月24日の巨人対広島での試合で追悼式を行いました。

その始球式で、長男である恒希さんが務めました。

兄弟や母も来ていたみたいで、見守られながらの始球式でした。

その始球式では見事、阿部慎之助選手のミットにストライクを決めました。

父の背番号である0のユニフォームを着て声援とともに投げたボールは一回もバウンドすることなくミットにおさまりました。

そのあとは、選手たちや監督とのハイタッチをして笑顔でマウンドを後にしました。

更にこの時に、『巨人でまっている』と監督に言われたとのことです。

最愛の父を突然に亡くした直後で、まだ整理もついていないのにもかかわらず、皆さんの前で堂々としていることは、10歳といった小さい子にしてできることではないと思います。

しばらくは、心に穴が開いた状態だったみたいでそのときにやっていたソフトボールにも集中はできなかったとのことです。

母である、由美子さんにも楽しんでねと背中を押されマウンドに立ったとのことです。

またドームの外には献花台が設けられ、1万人以上のファンが手を合わせました。

木村恒希(木村拓也の息子)は現在も野球を続けている!父の背中を追い続けた10年!まとめ

今回は、木村拓也さんの息子である恒希さんについて紹介していきました。

野球ファンにとっても、父の木村拓也さんの突然の死は忘れられないことですし、忘れてはいけないことだと思います。

巨人が、恒希さんをスカウトするときが来るのか楽しみですね。

大学や就職となると両立は難しいとは思いますが、巨人もきっと待っていると思います。

木村恒希さんの情報が少しでも役に立てば幸いです。

<