エンタメ

市吉三郎(気球おじさん)のプロフィールと経歴【爆報フライデー】

今回は気球おじさん「市吉三郎」についての記事をお送りしていきます。市吉は日本人で初めて気球パイロットの資格を取得したという、気球のパイオニア。

市吉は3月13日に放送される「THE!爆報フライデー」への出演も決まっています。この記事ではその市吉三郎のプロフィール経歴などについてお伝えしていきますね♪

市吉三郎(気球おじさん)のプロフィール

  • 名前:市吉三郎
  • 生年月日:1946年?月?日
  • 年齢:73歳
  • 出身:東京都
  • 肩書き:エアロノーツ代表取締役

市吉三郎(気球おじさん)のプロフィール|経歴

市吉三郎さんは1946年に東京都で生まれました。戦時に使用されていた「風船爆弾」を民間の飛行用に流用するというプロジェクトに参加。

それをきっかけに1972年にはドイツのアウグスブルクで日本人で初めてとなる気球パイロットの資格を取得します。そしてそこから「日本気球連盟」を立ち上げ、気球についての知識や飛行ルールなど、気球について様々なことに尽力されてきました。

国際気球委員会やCIAの日本代表も務められていて、1989年には佐賀県で「熱気球世界選手権大会」の開催を実現させました。現在は気球や気球の関連機材を輸入販売する「有限会社エアロノーツ」の代表取締役として活動されています。

市吉三郎(気球おじさん)のプロフィール|「爆報フライデー」に出演

3月13日に放送される「THE!爆報フライデー」に市吉さんが出演します!市吉さんは「気球おじさん」として番組で紹介されるようですね。

何について取り上げられているかというと、市吉さんは1990年代に「気球でエベレストを超える」というチャレンジをしたことがありました。世界初の試みだったのですが、結果は残念ながら失敗に終わっています。

ある程度までは順調だったようですが、事態が急変して気球は爆発。無事に着陸はできたものの市吉さんは足の骨を折るという怪我を負ってしまいました。

幸い気球に乗っていたメンバー全員の命は無事でしたが、かなり危険な状況だったみたいですね。番組では市吉さんからこの時のチャレンジについての詳しい話が聞けるのではないでしょうか?

市吉三郎(気球おじさん)のプロフィール|気球が飛ぶ仕組みとは?

気球ってどうやって飛んでいるのか気になりませんか?気球が浮く仕組みについて簡単にご紹介しますね♪空気というのは熱すると膨張しますが、この原理を利用したのが気球です。

気球内にある空気をガスバーナーで燃やすことによって気球内の空気は膨張して外へ逃げていきます。すると気球内の空気の重さは、周りの空気の重さに比べて軽くなりますよね?

その結果、軽くなって気球が浮くという仕組みなのです。バーナーの火を強くすればするほど空気が逃げてより軽くなるので、気球はより上へと上がります。逆に降りたければバーナーの火を弱くして空気が逃げる量を抑えればいいのです。

市吉三郎(気球おじさん)のプロフィール|気球を開発した人物は?

日本人で初めて熱気球のパイロット資格を取得したのは市吉さんですが、では気球を初めて開発して飛ばしたのは誰なのでしょうか?

気球を初めて開発したのはフランスの「モンゴルフィエ兄弟」です。気球で空を飛ぶことに初めて成功したのは1782年で、だいぶ昔のことだったようですね。

飛行機を開発したのはご存知「ライト兄弟」ですが、実は気球も兄弟が開発していたんですね。先人たちのおかげて私たちの豊かな暮らしがあるので、本当に感謝感謝です。

市吉三郎(気球おじさん)のプロフィールと経歴【爆報フライデー】|まとめ

今回は日本人で初めて気球パイロットの資格を取得した「市吉三郎」さんについての記事をお送りしました!ここまでの内容をまとめていきますね。

  • 市吉三郎は日本人で初めて気球パイロットの資格を取得した
  • 市吉三郎は気球でエベレストを超えるチャレンジをした事があった
  • 市吉三郎が3月13日の「THE!爆報フライデー」に出演する

この記事を書いていて思ったのは、やはり自分の好きなことを夢中になって追求したり取り組んでいる人は凄いなということですね。

私も市吉さんのように一生懸命になれる何かを見つけたいと思いました。それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

<