柄本佑

柄本佑の過去作品は?家族との共演はあるの?

今回は柄本佑さんの過去作品についてお話していきたいと思います。

最近『知らなくてもいいコト』や『心の傷を癒すということ』などで注目を集めている柄本佑さんですが、過去には一体どんな作品に出演しているのでしょうか?

芸能人一家ですが、共演はしたことあるのでしょうか?

色気がでてきている柄本佑さんについて深堀したいと思います!

柄本佑の過去作品は?家族との共演はあるの?柄本佑のプロフィールについて


生年月日は1986年12月16日で東京都出身です。

アルファーエージェンシ所属ですが、お父さんの明さんと兄弟の時生さんはノックアウト所属なので、佑さんだけ所属が違うみたいです。

2003年の17歳の時に芸能界デビューを果たしています。

2012年3月14日に安藤サクラさんと結婚をしていて、5年後の2017年6月に第一子となる女の子が誕生しました。

現在は子どもは一人です。

柄本佑の過去作品は?家族との共演はあるの?代表作は?


柄本佑さんは、わき役なども多いことからドラマも映画の出演もとても多いです!

芸能界デビューは『美しい夏キリシマ』で主演を務めています。代表作は人それぞれ見た人によって変わってくると思います。

ここ最近一番印象深かったのは、2019年2月に夫婦で主演賞を獲得したこともありましたね。

安藤サクラは『万引き家族』、柄本佑は『きみの鳥はうたえる』『素敵なダイナマイトスキャンダル』『ポルトの恋人たち 時の記憶』で主演男優賞を受賞しました。

安藤サクラさん自身も産後の作品であったり、柄本佑さんは前の年に母(角替和枝)が亡くなったので、報道も多かったと思います。

ですので、出演している作品がとにかく多い柄本佑ですが、豪華キャストと肩を並べた作品『追憶』は、岡田准一さんが主演の映画でしたが、主演である岡田准一さんの幼馴染の役で事件の被害者であることから重要な役どころでした。

『追憶』は、岡田准一・小栗旬・柄本佑・長澤まさみ・木村文乃・西田尚美・安藤サクラ・吉岡秀隆などが出演している、日本のヒューマンサスペンス映画です。

キャストがキャストなので注目度も高かった映画なんではないでしょうか。

柄本佑の過去作品は?家族との共演はあるの?どんな作品に出演している?

先ほどもお伝えした通り、作品の出演本数が物凄い多い俳優さんなんです!

その中でも、横山秀夫さんの傑作ミステリーで佐藤浩市が主演を務める2016年公開映画『64(ロクヨン)』での後編で刑事役を務めています。

多部未華子主演の『ピースオブケイク』では、DV男の元カレ役として、綾野剛・松坂桃李・菅田将暉など豪華キャストと肩を並べています。

宮崎あおいと向井理が夫婦役で初共演をしている『きいろいゾウ』では声の出演を務めています。

また、恋愛漫画の実写映画『僕等がいた』では、吉高由里子・生田斗真が主演の切ないラブストーリーでアツシ役を演じています。

人気のある作品のわき役ばかりですが、どれも欠かせない配役ですね。

柄本佑の過去作品は?家族との共演はあるの?家族共演について!


2019年4月20日公開、『柄本家のゴドー』では、佑さんと時生さんの兄弟が父の明を演出に迎えて挑んだドキュメンタリー映画です。

柄本兄弟は『ET×2』という演劇のユニットを組んでおり、2014年に『ゴドーを待ちながら』を上演したのち、2017年に柄本明さんを演出に迎え、再度『ゴドーを待ちながら』に挑みました。

数々のドキュメンタリーを撮ってきた山崎裕さんが、その稽古場にカメラを入れ、柄本家父子3人を追ったドキュメンタリーです。

柄本佑さんの嫁である安藤サクラさんとは『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』・『今日子と修一の場合』・『追憶』で共演を果たしています。

『今日子と修一の場合』では、東日本大震災を題材としたオリジナル脚本で、夫婦で主演を務めています。

そして、2020年4月24日に『一度も撃ってません』では、柄本明さんと柄本佑さんで親子共演します。

ハードボイルドコメディであり、柄本明は組長役で柄本佑は薬の売人役として出演します。

この作品は石橋蓮司さんが18年ぶりに映画主演を務めるそうで、柄本佑さんは自ら出演を望んだらしいです。

柄本佑の過去作品は?家族との共演はあるの?まとめ


今回は柄本佑さんの作品について紹介していきました。

数々のドラマや映画に引っ張りだこでテレビ界では欠かせない逸材だと思います。

最近は更に大人の色気がでてきてこれからの活躍に目が離せません。。

柄本佑さんの情報が少しでも役に立てば幸いです。

<