エゴイプセビライズ

エゴイプセビライズの成分は?美肌効果をチェック!

ブースター美容液のエゴイプセビライズ。

注文殺到で生産が追い付かず、在庫が少ない状態が続いているとか。。

人気の秘密は、次世代エイジングケア成分のヒト幹細胞培養液が配合されていること!

最近は、ヒト幹細胞コスメも増えてきて、ヒト幹細胞培養液の他に配合されている成分についても気になりますよね。

\注文殺到中!/エゴイプセビライズ初回1日99円でシミなし肌!

エゴイプセビライズの成分は?

ヒト幹細胞培養液の濃度が気になる!

水、BG、ペンチレングリコール、PEG/PPG/ポリブチレングリコール―8/5/3グリセリン、ヒトオリゴペプチド―1、ヒトオリゴペプチド―5、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル、プラセンタエキス、トコフェリルリン酸Na、グリチルリチン酸2K、アラントイン、オタネニンジン根エキス、ソメイヨシノ葉エキス、ヘキシル3―グリセリルアスコルビン酸、アルブチン、クチナシ果実エキス、ローマカミツレ花エキス、チョウマメ花エキス、ヤグルマギク花エキス、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸Na、PCA、PCA―Na、アラニン、アルギニン、アスパラギン酸、イソロイシン、グリシン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、乳酸、乳酸Na、リンゴ酸、グリセリン、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル―10、オリーブ果実油、コレステロール、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、ポリソルベート60、PPG-13デシルテトラデセス―24、ラウロイルラクチレートNa、キサンタンガム、カルボマー、トロポロン、フェノキシエタノール

美容マニアyukiさん
美容マニアyukiさん
成分表の順番は7番目。ヒト幹細胞培養液が高濃度配合、というわけではないようです。
化粧品の成分表は配合濃度が高い順に表示されています。ヒト幹細胞培養液が1番上!という美容液は2万円を超えています。

ヒト幹細胞培養液の効果だけほしい!という方は、もっと高濃度のものがおススメです。

それでもエゴイプセビライズが大人気なのは。。一番多く配合されている水の浸透力にこだわり、うるおい成分、美白成分も一緒に配合して相乗効果を高めているからなんですね。

エゴイプセビライズの成分はどんな効果がある?

シミの原因は。。。

  1. 紫外線によるメラニンの生成
  2. 肌のターンオーバーの長期化
  3. 活性酸素によるサビつき!

エゴイプセビライズはこのシミの原因にアプローチする成分を配合しています。

ヒト幹細胞培養液

細胞本来の働きを活性化させ、肌のターンオーバーを促進します。

ターンオーバーは28日周期」という言葉が一般化されていますが、それは20代までの話。

30代は40日、40代は55日、50代は75日、60代は90日。。。と年齢を重ねて細胞の働きが弱くなるにつれて、どんどん長くなってしまいます。。

ターンオーバーが行われないと肌が再生されず、シミとして残ってしまいます。

アルブチン

アルブチンはコケモモに含まれている成分で、過剰なメラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐ効果があると厚生労働省にも認められている、美白成分です。

紫外線を浴びる前と、浴びた後に使いたい成分です。

プラセンタ

みんな大好きプラセンタ!

プラセンタエキスは潤いあるキメが整った肌へ導きます。

プラセンタで肌が整うと、アルブチンが浸透しやすくなります。

美細浸透水

ブースターは土台浸透美容液なので、水が基本成分になります。

エゴイプセビライズはその水を精製水から電解分解された水に変えているとか!

水を微細化することで、肌にスッとなじませてくれます。

エゴイプセビライズの成分は?美肌効果をチェック!

いかがでしたでしょうか?

エゴイプセビライズはシミに期待できる成分が含まれていました。

エゴイプセビライズは口コミでも評判です!

今なら初回69%OFF2,980円、定期しばりなし。

補うではなく、再生させるスキンケアを始めてみてはいかがでしょうか。

エゴイプセビライズ