同期のサクラ

蓮太郎にイライラするけど共感できる?同期のサクラ4話あらすじ

2019年秋ドラマ、同期のサクラ。

まっすぐなサクラに影響を受けて、同期が仕事への向き合い方を見直していく。。

現代のお仕事のあり方や同期の絆が描かれていて、お仕事されている方は共感できるところが多いのではないでしょうか。

今回は蓮太郎が主役。イライラする!との声もあり、共感できる!との声もあり。。働くって色々ありますよね。

蓮太郎にイライラ!同期のサクラ4話あらすじ

2019年夏のサクラの病室を訪れたのは蓮太郎でした。

蓮太郎が思い出していたのは、入社から4年目のこと。

サクラは人事部へ

第3話で百合へのセクハラを食い止めたサクラに下されたのは社史編纂室への異動。

その1年後にサクラは人事部へ戻ります。希望の土木へはまだ行けていませんね。。

サクラは、メンタルヘルスケアプロジェクトの担当となり、各部からストレスチェックのアンケートを回収にまわります。

そこで同期の様子をうかがうサクラ。一級建築士の試験になかなか合格できず、周りからおちょくられている蓮太郎のことが気にかかります。

蓮太郎が部内で浮いてしまう

社内コンペに向けて準備をしていた蓮太郎は、コンペ時間の変更を知らされていなかった。

実は部長が「あいつの設計は見るだけ無駄だ」とわざと蓮太郎に時間を伝えていなかった。

それを陰で聞いてしまった蓮太郎は、カッターを持ち出した。それを止めようとしたサクラと揉めて、拍子でサクラの手を傷つけてしまう。。

サクラが蓮太郎を見捨てる!?

サクラは手を5針縫い、蓮太郎は無断欠勤を続けてしまう。これ以上休むとクビになってしまうと部長に言われたサクラは、蓮太郎の家を訪れる。

でも蓮太郎は心を開かない。

同期とともに蓮太郎のもとへ。みんなの説得もあったが、蓮太郎はひきこもりを宣言!

サクラまでも見捨ててしまう。。

蓮太郎が謝った!

サクラが蓮太郎がコンペで発表できなかった設計図をもって、設計部へ直談判に。

それを聞いた蓮太郎は会社へ。今まで逃げていたり人のせいにしていた自分を謝り、部のみんなにもう一度一緒に働かせてほしいとお願いする。

サクラに傷をつけても謝らなかった蓮太郎。謝れない子かと思っていたけど謝れるようになってめでたし!

蓮太郎にイライラ!でも共感できる?同期のサクラみんなの声

カホコのいとこ、糸ちゃん(通りすがりの子)も糸ちゃんのお母さん(蓮太郎のお母さん)も出演していましたね!

来週は葵くんかな~